精進してます!コヨーテ・ブログ

羊蹄山、ニセコ、北海道の山々を舞台にした自然を満喫していいます!

大雪山・赤岳 登山ガイド

花の山とはまさにに大雪山の赤岳のことではないだろうか? 

北海道の中央に位置する大雪山の北の玄関口,層雲峡から車でさらに45分ほど奥に入った銀泉台が登山口となる。

銀泉台の標高はすでに1500mもあるので、登り始めるとすぐにお花畑が出てくる。


雪崩地、雪渓、沢、尾根、砂礫地など変化に富んだコースは、いろいろな植生やタイプの違うお花畑を見せてくれる。

第一花園、第二花園は春の時期は大きな雪渓にの下に隠れていることが多いが、雪の解け始めた周辺部から順次雪田性のお花が咲き始める。 

第二雪渓を登っているときに天気がよければ、ニセイカウシュッペなどの北大雪の山々や雄阿寒、雌阿寒岳などの山々も見られる。 

(写真は阿寒の山々)

DSC08348w.jpg

第二雪渓を登りきったところ、行程の中程に第三花園・駒草平が出てくる。

名前の通りコマクサが一面に咲く台地だ。

これほどの面積コマクサが咲き誇るところはなかなか無い。 

しかも登山道上にもコマクサが花を咲かせており、気をつけないと踏みつけてしまうほどだ。

DSC08355コマクサw

第三雪渓、第四雪渓もシーズンによっては遅くまで残る急な雪渓だ。

夏でも軽アイゼンをもっていたほうが心強い。

関係者の方が雪渓斜面にステップを切ってくれており、とてもありがたい。

しかし、登山者がたくさん通過した午後などにはステップも崩れてしまっているのだ。

DSC08357w.jpg

第四雪渓を慎重に登り、足元のチングルマを眺めながら台地に出ると赤岳山頂はもうすぐだ。

DSC08370チングルマw

山頂周辺の台地には風衝地の花ばなも現れ始める。

チョウノスケソウやエゾオヤマノエンドウ、エゾハハコヨモギなどあまり見慣れない花が迎えてくれる。

写真の花はエゾオヤマノエンドウ。 礫地にへばりつく様に生きている。

DSC08841エゾオヤマノエンド

礫地に咲くチシマツガザクラ。

パッと見は大地から毛が生えているように見えるが、膝腰を落としてよ~く観察してほしい。

繊細な花びらと雄しべが、力一杯に開いており愛おしい。

DSC08353チシマツガザクラw

台地の奥に見えてくる、ゴツゴツとした岩塊が山頂だ。

地形図の三角点は別の場所だが、登山道上の山頂となる。

DSC08374w.jpg

赤岳山頂からの景色は広大だ。

烏帽子岳、黒岳、北鎮岳、旭岳、白雲岳など大雪山の峰々が見渡せる。

日本一大きな国立公園(ほぼ神奈川県と同じ)というのが、一気に伝わってくるようだ。

DSC08379w.jpg

赤岳の山頂から先の小泉岳は往復で1時間ほどだ。

この先には湿った礫地に咲くホソバウルップソウ(大雪山の固有種)なども見られる。

ここ赤岳周辺のホソバウルップソウは風衝砂礫地に咲く。 

風衝地になので雪解けが早く、花が咲くのが6月下旬~7月上旬と早目なので注意していただきたい。

風衝地の微地形によって、小さなパッチに分けられた色とりどりの高山植物は非常に見ごたえがあり、余力があればぜひ足を伸ばして欲しい場所だ。

DSC08827ホソバウルップソウw

DSC08388エゾタカネツメクサw

こちらはエゾタカネツメクサのアップ。 

高山の岩の裂け目などに生きている逞しくも、可憐な花だ。


ぜひ、みなさんにも大雪山の広大さと過酷な環境に生きる高山植物を見て感じて欲しい。

スポンサーサイト
  1. 2013/07/16(火) 18:08:48|
  2. 北海道の夏山ガイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<雨竜沼湿原 最高のタイミング | ホーム | 大雪山 花旅でした!>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2016/03/28(月) 16:15:53 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: 花旅

こんにちは。お問合せありがとうございます。
マウンテンガイド・コヨーテとして、四季を通じて山のガイドを行っております。
北海道は登山道のアクセスや、公共交通機関が不十分なのでガイドを頼むのがベストだと思います。

http://mg-coyote.com/06yj/index.html

上のアドレスの北海道登山のオーダーメイド登山が、ピッタリだと思います。
価格などは、上記のホームページを参考にしてください。
赤岳から小泉岳は本当に素晴らしい花旅になると思います。
雪渓がたくさん有りますので、軽アイゼンも必要です。

それでは、ご検討よろしくお願いします。
今後は、ホームページに出ているメールでのやり取りが便利かと思います。

> 7月に大雪山の花旅を計画している60代から70代のおばさん5人組です
> 赤岳 小泉岳を中心とした花旅になると思いますが、北海道は不慣れなためガイドさんをお願いしたほうよいのではないかと
> 思っています。費用、コースなどお訪ねします。山は経験はあります。1にち5時間くらいは歩けます。ガイドはプロですか?
  1. URL |
  2. 2016/03/28(月) 19:31:23 |
  3. ryutaf1 #GCA3nAmE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mountainguidecoyote.blog.fc2.com/tb.php/64-fe93029f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ryutaf1

Author:ryutaf1
北海道の山名を下に入れて検索してみてください↓

検索フォーム

カテゴリ

スケジュール (21)
バックカントリー (133)
テレマークスキー (30)
北海道の夏山ガイド (19)
登山、トレッキング記録 (122)
自然 (14)
動画 (4)
道具 (20)
山の安全 (44)
マスメディア (28)
お問合せ (1)
未分類 (21)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示