精進してます!コヨーテ・ブログ

羊蹄山、ニセコ、北海道の山々を舞台にした自然を満喫していいます!

家族でトレッキング

ご家族でニセコのトレッキングを楽しんでいただきました。

ここニセコ積丹小樽海岸国定公園は公園指定されてちょうど50周年の節目です。

国定公園なので、自然を満喫するための(ワイズスース)遊歩道も整備されています。


今回はニセコ連峰の中ほど、チセヌプリ(1134m)の北側山腹に広がる神仙沼高層湿原と長沼を歩く半日コースに行きました。

長沼の美しい風景は半分は自然、半分は人が作った景観です。

k0.jpg

明治以降、岩内・共和にはたくさんの人が入植しました。

心血を注ぎ田畑を切り開いて生活をしていたのですが、大正11年(1928年)にソコナイ川(宿内川)の大渇水があり、その上流部にあった長沼に注目が集まりました。

昭和3年に長沼とソコナイ川をつなぎ、長沼の貯水量を増やす為の築堤工事が行われました。

その後、昭和13年には農家の死活問題となる大旱魃になり、その後幾たびかの工事を経て今の風景となったのです。

一方の神仙沼の高層湿原は長~い年月をかけて自然が作り出した調和の取れた景観です。

このように成り立ちも今の環境も違う、個性溢れる二つの沼を楽しめるコースです。


kmzw1.jpg

さすがは子供達、目の高さが一人ひとり違うのでいろいろな物を見つけてきます。

真に、この日に咲き始めた最初の一株です。

秋がよく似合う紫色のサワギキョウの花が咲きはじめました。

kmzw2.jpg

こちらはスジクワガタ。 クワガタを見つけられて大喜び!

『とっていいのは写真だけ。 残してよいのは足跡だけ』ということで、ミズナラの木の根元に放してあげました。

kmzw3.jpg

神仙沼をバックに家族でパチリ。

kmzw4.jpg

食虫植物として教科書にも出ているモウセンゴケをみて長男の子は喜んでおりました。

足元のねばねばした粘液を持っているなんとも不思議な葉っぱのイメージとはかけ離れた、白い可憐な花が花盛りでした。

すがすがしい空気と、豊かな自然に満足の日になったと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/09(金) 10:51:20|
  2. 登山、トレッキング記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大自然だけではないよ! ニセコ登山 | ホーム | 近頃の登山ガイドの様子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mountainguidecoyote.blog.fc2.com/tb.php/48-978309b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ryutaf1

Author:ryutaf1
北海道の山名を下に入れて検索してみてください↓

検索フォーム

カテゴリ

スケジュール (20)
バックカントリー (133)
テレマークスキー (30)
北海道の夏山ガイド (19)
登山、トレッキング記録 (122)
自然 (14)
動画 (4)
道具 (20)
山の安全 (43)
マスメディア (28)
お問合せ (1)
未分類 (21)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示