精進してます!コヨーテ・ブログ

羊蹄山、ニセコ、北海道の山々を舞台にした自然を満喫していいます!

ニセコ縦走ツアー

9月にニセコ縦走ツアーに行ってきました。

参加者は日本在住とオーストラリア在住のイギリス人2人です。


8月から打ち合わせを進め、朝日温泉からヒラフまでの計画を立てました。

しかし、台風の影響で朝日温泉の林道が通れなくなり、岩内温泉からのスタートになりました。

1 (1)
スタートの岩内スキー場入り口

1 (2)
ススキの生い茂る登山道から出発です。秋ですね。

1 (3)
ツタウルシも紅葉始めてます。

1 (4)
ヒロハツリバナの実。 オレンジ色の種がぶら下がって、面白いですね。

1 (5)
岩内港と日本海

朝、ヒラフを出発した時は快晴だったのに、登り始めてしばらくすると雲が出てきました。

岩内岳では少し雨に当たり、立ち止まると寒い気温だったので、先を急ぎます。

そしてしばらく行くと、雲が切れ晴れ間が見えてきました。

1 (9)

気持ちのいいパンケメクンナイ湿原を過ぎ、また登り道になります。

1 (8)
エゾオヤマリンドウもきれいに咲いていました。


1 (10)
目国内岳でブリティッシュランチの後、お昼寝。

1 (6)
美しい紅葉も始まっていますね。

1 (11)
ニセコ連山も美しく連なっています。


目国内岳を出発し、前目国内岳を経由して新見峠に下ります。

本来は新見温泉に泊まりたいところですが、現在営業していない為、峠でテント泊です。

夕食に特製チキンカレーを食べ、夕焼けを眺めます。
1 (12)

初日は早めに就寝。
夜中、目が覚めると満天の星空でした。




翌日、ブリティッシュな朝食を堪能し、縦走ツアー再開です。

1 (13)
木洩れ日にあたる苔

しばらくダケカンバの美しい森を歩き、白樺山に登ります。


2 (2)
天気は快晴。気持ちいい秋晴れになりました。


白樺山を過ぎ、少しずつ気温が上がり始めました。目指すはシャクナゲ岳です。

1 (15)
まだ紅葉までいかないものの、ナナカマドの実も赤く色づいています。


1 (16)



シャクナゲ岳への分岐からは、道が急になり、岩がゴロゴロしてきつい登りです。

でも200mほどで頂上なので、一気に登ります。


そして登りきると、ご褒美のこの眺め。

2 (1)

チセヌプリ、アンヌプリ、羊蹄山の見事な重なりと、尻別川流域の絶景です。

1 (19)
自然と笑顔になれる景色です。

1 (17)
そしてシャクナゲ岳山頂で、またもブリティッシュランチ。
パンにハムとチーズをはさんでいただきました。

この景色の中でランチは言うことなしですね。

しばらく山頂でゆっくり休憩した後、湯元温泉に向けて下山開始。

ジャングルの様にササが生い茂った、チセヌプリスキー場跡を下り、ニセコ湯本温泉郷に到着。


今回、参加者の一人は初めての温泉入浴ということで、かなり楽しみの様子。

1 (20)


今日の温泉宿は月美の宿 紅葉音です。

1 (22)

宿につくと、すぐに冷たい麦茶のサービス。
一日歩いてきて、のどが渇いているのでありがたいです。

そして部屋に入ったら早速、温泉へ。

硫黄泉の香りに疲れた体が癒され、ゆっくりと暮れていく一日でした。



夜は半個室の食事会場で。

岩内、寿都などでとれた海産物と、ニセコ蘭越などでとれた山菜や農作物をふんだんに使った料理に舌鼓を打ちました。

1 (21)


食後はまた温泉へ。
外は真っ暗になり、夕暮れ時と違う雰囲気の温泉を楽しみます。



最終日はニセコ湯本温泉からチセヌプリ、イワオヌプリを縦走し五色温泉へ。

朝食前には、またまた温泉に入ります。

そして、豪華な朝食を食べ、出発です。


最終日は残念ながら風が強くなり、山頂からの展望があまりよくありませんでした。

それでもチセヌプリ、ニトヌプリはいいペースで歩き、ニトヌプリの下りで宿で用意してもらったお弁当を食べ、イワオヌプリに向かいます。



1 (23)
森の中では地衣類のミニチュアな森が広がっていました。


1 (24)
イワオヌプリへの分岐をすすみ、いよいよ本日最後の山へ。


1 (25)
イワオヌプリ周辺では硫黄がたくさん見られます。

1840年頃にはすでに硫黄鉱山として開拓されていたようです。
古い歴史があるんですね。


1 (26)

まるで別世界に来たような景色が広がります。
霧がかかるとホワイトアウトになるのですが、なんとか大丈夫でした。

山頂で暴風に耐えながら、写真を撮り、下山開始しました。


1 (27)
五色温泉に下りる急な階段

五色温泉は昔の硫黄鉱山跡にできた温泉で、夏は登山者、冬はバックカントリースキーやで賑わいます。

今回のニセコ縦走ツアーはこの五色温泉で終わり。

1 (28)


この後、3日間の疲れを温泉で癒しました。

お疲れさまでした。

ガイド・関
スポンサーサイト
  1. 2016/10/02(日) 11:06:12|
  2. 北海道の夏山ガイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第24回「雪崩から身を守るために」講演会 | ホーム | 気ままにニセコ登山>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mountainguidecoyote.blog.fc2.com/tb.php/392-3811b75c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ryutaf1

Author:ryutaf1
北海道の山名を下に入れて検索してみてください↓

検索フォーム

カテゴリ

スケジュール (20)
バックカントリー (133)
テレマークスキー (30)
北海道の夏山ガイド (18)
登山、トレッキング記録 (118)
自然 (14)
動画 (4)
道具 (20)
山の安全 (41)
マスメディア (28)
お問合せ (1)
未分類 (19)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示