精進してます!コヨーテ・ブログ

羊蹄山、ニセコ、北海道の山々を舞台にした自然を満喫していいます!

黄金山 登山ガイド

黄金山に東京からのお客様4名と行ってきた。

次の日は雨竜沼湿原~南暑寒岳~暑寒別岳間の縦走登山に行くため、足慣らしとして前日に黄金山に登ったのだった。


天気は最高!

暑すぎずとても歩きやすかった。

img_1517905_65418973_1.jpg
アキカラマツ

旧道からの登山は高度感抜群!  なかなかスリリングだ。

見た通りの岩頭の山。

img_1517905_65418973_0.jpg

黄金山  

急な岩場やロープの張られたトラバース部分も有りはらはらドキドキだ。


頂上の岩頭は火山の中の溶岩通り道が固まり、長~い月日のなかで周りの山体が侵食されその火道が残ったもの。  そりゃ急峻な地形であたりまえだ。

img_1517905_65418973_3.jpg

頂上手前のピーク(こちらのほうが眺めよし)

頂上からの景色は少しガスがかった感じだったが、明日いく増毛山地の南暑寒岳や浜益の海等が見られた。

黄金山の頂上付近では、岩場にふさわしい植物が見られた。

期待していたイワキンバイはほんの数輪しか見れなかったが、キリンソウやイワデンダ、イワノガリアスなどを見ることができた。

img_1517905_65418973_2.jpg

キリンソウ

頂上の岩の下に蛇の抜け殻を見つけた。

黄金山の蛇の抜け殻。 これはご利益があるともちろんお財布に入れたのだった。

これできっとお金持ちになれるでしょう!


かなり急な登山道でありところどころ気をつけなければいけない難所もあるため、下りもそれなりの時間がかかる。

小粒ですが、キリッとした山だ。


全体コース時間  登り 旧道 約2時間  下り 新道 約1時間半 

札幌から道々28号線を使って約2時間。

かつて和人が砂金のために周辺に入っていた為に黄金山の名前が付いたと言われる。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/23(月) 13:55:35|
  2. 北海道の夏山ガイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本の未来は明るい! 初任者研修会 | ホーム | 夕張岳 登山ガイド>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mountainguidecoyote.blog.fc2.com/tb.php/24-38c938a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ryutaf1

Author:ryutaf1
北海道の山名を下に入れて検索してみてください↓

検索フォーム

カテゴリ

スケジュール (20)
バックカントリー (133)
テレマークスキー (30)
北海道の夏山ガイド (17)
登山、トレッキング記録 (115)
自然 (14)
動画 (3)
道具 (20)
山の安全 (41)
マスメディア (27)
お問合せ (1)
未分類 (18)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示