精進してます!コヨーテ・ブログ

羊蹄山、ニセコ、北海道の山々を舞台にした自然を満喫していいます!

羊蹄山避難小屋の巡視してきました!

DSC02517w.jpg

アイゼンを装着して羊蹄山ヒラフ登山道の5合目の少し上部から真っ白な雪渓に歩き出す。

何とも言えない気分の良さ!


足元から雪渓が沢に沿ってまっすぐに伸びて新緑の大地に突き刺さっている。

ニセコの山々にまだ雪が残っておりまぶしく光っている!

雲も切れ始め、青空が広がり始めていた。

解放感とは正にこのことかもしれない。


5合目までは時折小雨の降る中、夏道をゆっくりと登ってきた。

運よく比羅夫の沢の雪渓に乗ることが出来、9合目までは順調に雪渓を詰めて高度を稼ぐ。

朝のうちは雪がまだ固くアイゼンとピッケルがあった方が心強いと思う。

登山靴とストックでは滑落は止まらないから。

DSC02483w.jpg

今日の目的は羊蹄山の新しい避難小屋の巡視業務。

環境省から頼まれた仕事だ。

先月も巡視したが、建物は非常にしっかりとして非常に心強い。

しかし、大きさは旧小屋の3分の1ほど。

収容人数はかなり減るので、旧小屋が解体されテント場になる3年後(2年かけて解体、撤去する)までは
人数がオーバーになった時に横になるスペースが取れないかもしれないとのこと。

7,8月の土日や連休は近寄らない方がいいかもしれない。


ところでトイレ。

バイオトイレが2つ付ついた。

紙やサニタリーはビニールに入れてお持ち帰りになるそうだ。

羊蹄山に登るときは、ジップロックを2枚以上は持っていた方が良いだろう。

汚泥の量はトイレットペーパーなどを入れないと1/3で済むそうだ。

自然の中でも最も弱い部分、高山域や湿原ではこのような配慮が必要なのだと思う。

ましてや日本百名山にも数えられる名峰羊蹄山では人の数も多いのだから尚更だ。

今後も気持ちよく山で過ごせるように協力していくつもりだ。

DSC02515w.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/05/25(日) 20:29:51|
  2. 山の安全
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『ふるさと探訪・植物から気象を読みとる』のガイドをしてきました。  | ホーム | ナイフ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mountainguidecoyote.blog.fc2.com/tb.php/122-b11651c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ryutaf1

Author:ryutaf1
北海道の山名を下に入れて検索してみてください↓

検索フォーム

カテゴリ

スケジュール (20)
バックカントリー (133)
テレマークスキー (30)
北海道の夏山ガイド (15)
登山、トレッキング記録 (114)
自然 (14)
動画 (3)
道具 (19)
山の安全 (41)
マスメディア (27)
お問合せ (1)
未分類 (18)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示