精進してます!コヨーテ・ブログ

羊蹄山、ニセコ、北海道の山々を舞台にした自然を満喫していいます!

羊蹄山看板(20170725道新後志面)

羊蹄山管理保全連絡協議会の事業で羊蹄山の案内看板が新しくなりました!

羊蹄山の9合目以上は岩場のため迷いやすく、今までも遭難が相次いでいました。

ありがたいことです!

看板の英語標記については、コヨーテのガイドでニセコ羊蹄山岳会メインバーでもある関広平ガイドに相談があり、対応させていただきました。

少しでも、羊蹄山の安全に協力出来てうれしい限りです。

コヨーテ
古市竜太
スポンサーサイト
  1. 2017/07/31(月) 13:05:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏山登山スライドショー!

こんにちは。

みなさん夏満喫していますか??

北海道は一時期、気温がすごく高くなりどうなることかと思いましたが、最近は過ごしやすい気温に落ち着きました。

夏山登山はシーズン最盛期に突入しましたね!

今年は大雪山や日高山脈方面に出かけることも多く、行くたびにワクワクしています。

早速ですが、シーズン前半のスライドショーを作りましたのでぜひ見てください~!!


雪融けのお花が終わり、夏のお花が見頃になってきています。

是非お山へ行きましょう!!

高田健史
  1. 2017/07/27(木) 16:21:23|
  2. 動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大雪山とホソバウルップソウ

7月8日9日と大雪山に行ってきました。

銀泉台から入り、白雲避難小屋で一泊し、銀泉台に戻る予定でした。

朝8時ころ銀泉台に到着。駐車場はもう満車に近かったです。

準備してさっそく出発。
P7080330.jpg



いきなり、雪渓が待ち構えてます。
P7080333.jpg

でも例年にないくらいの暑さのせいで、雪は柔らかく緩み、歩きやすかったです。

雪渓を渡り、登っていくとコマクサ平に到着。

P7080337.jpg

今日もたくさんのコマクサがお出迎え。
P7080340.jpg


ゆっくりとコマクサの美しさを楽しみながら進みました。

そしてまだ多くの残雪がある第4雪渓の急登を登り切り、赤岳到着です。

P7080344.jpg


赤岳から小泉岳に続く道は、雲上のお花畑。

今日も美しい花たちを眺めながらゆっくり歩きます。


P7080346.jpg
一面に咲き乱れる、エゾオヤマノエンドウ

P7080348.jpg
ところどころに群生する、チョウノスケソウ

P7080350.jpg
今回のツアーの名前にもなっている、ホソバウルップソウ
今、見頃です。

P7080353.jpg
小さなピンクがかわいらしい、ミネズオウ

小泉岳の分岐から白雲岳を目指します。

白雲岳への登りはがれ場あり雪渓ありのバリエーション豊かな道です。

移り変わる景色も楽しみながら登っていきます。

そして、いよいよ山頂。

P7080354.jpg

山頂からはゼブラ模様の山並みが美しいです。

ゆっくりお昼も食べて、景色を堪能しました。

そして白雲岳避難小屋に下山しました。天気もよく、テン場も30張ほどテントがありましたが、小屋はそうでもなさそうでした。

小屋について落ち着いたら、トムラウシや十勝岳の景色を楽しみながらの夕食。
献立は、前菜にアスパラとエリンギのバターしょうゆ炒め。メインに鶏鍋。デザートに夕張メロンゼリーです。

食後は太陽が落ちると寒くなり、体も冷えてくるので早めに就寝。

夜、トイレに起きると満月に照らされて、まるで昼間のような幻想的な風景でした。





翌日、朝ご飯を食べ出発準備を済ませると、緑岳に向けて出発。
予定では2日目は銀泉台に戻る予定でしたが、知り合いのガイドが高原温泉まで車を回してもらえることになりました。
思いがけず、銀泉台から高原温泉に抜ける縦走ツアーになりました。

緑岳の分岐でリュックをデポして小泉岳のほうに、花を探しに歩きます。

P7090392.jpg

今日も澄み渡る青空の下で、コマクサが咲いていました。

P7090366.jpg
エゾタカネスミレ

P7090393.jpg
今日もトムラウシ、十勝岳方面がきれいに見えています。


P7090367.jpg
北海道のみに咲く、キバナシオガマ


P7090394.jpg
トムラウシをバックにコマクサ

P7090396.jpg
ホソバウルップソウとコマクサとエゾタカネスミレの夢の競演です。


ゆっくり花を楽しんだ後、分岐までもどり、デポしたリュックを背負って緑岳に向かいました。

P7090398.jpg



高根が原のなだらかな斜面と雪渓の景色を楽しみながら、急な南斜面を下山。

P7090400.jpg


途中の雪渓は涼しそうと思いきや、風がなくて照り返しもきつく、灼熱でした。

雪渓を過ぎ、いよいよ森の中を下っていきます。

そして、硫黄の香りが漂いはじめると、下山完了。

P7090408.jpg

大雪高原山荘到着です。2日間の疲れを温泉でいやし、おいしいおそばをいただきました。

花も景色も最高な2日間、お疲れ様でした!

また、いきましょう。

  1. 2017/07/16(日) 12:09:21|
  2. 北海道の夏山ガイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

羊蹄山登山にばっちりの登山靴でした! S-LAB X ALP CARBON 2 GTX

P7070140w.jpg

P7060133w.jpg

先日は、植生調査の為に羊蹄山に登ってきました。

山小屋に泊まって、最高の夕日を堪能できました!


靴はサロモンのS-LAB X ALP CARBON 2 GTXで行ってきました。

なんと言っても、履きやすく脱ぎやすい靴なので山小屋泊りには便利です。

またゲーターが付いたローカットシューズなので調査しながら足元を見ないで歩く様な時も、小石が靴に入って嫌~な感じにならずに済みます。 本当に気軽で安心。

ローカットですが、カーボンシャーシが入っているのでねじれ剛性は結構あります。

岩の上を歩いてもとても楽ちんです。

もちろんゴアテックスなので、多少の水溜まりならばお構いなしです。

一つだけ弱点は、長時間の雨の場合はゲーター部分から水分を引っ張ってしまい、靴下に染みる場合もあります。

それでも、手間がかからず案外しっかりとした靴なので、大体どこの山でも活躍してくれます。

お気に入りです!

古市竜太
  1. 2017/07/16(日) 11:23:00|
  2. 道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お花を見るための登山(富良野西岳と富良野岳)

1日目は、あいにくの雨模様の中を富良野西岳に向かい進みます。

P7040025ハクサンチドリw

ハクサンチドリが登山道脇に多く見られます。

中に一株の真っ白いハクサンチドリが咲いていました。

P7040038オオタカネバラw

頂上直下には、オオタカネバラの大輪の花が咲いていました。

盛り上がります!

P7040039w.jpg

富良野西岳は夕張山地に属します。

夕張山地には、蛇紋岩とユウバリソウ等の固有種で有名な夕張岳等があります。

富良野西岳の山頂部には優白岩という塩基性の岩が露出しており、お花畑となっています。

エゾタカネニガナはミヤマハンモドキ等の特殊な植物も見ることが出来ました!

P7040043w.jpg


2日目は、天気に恵まれました!

花の名山として有名な富良野岳に登ります。

P7050069w.jpg

途中で見つけた、コエゾツガザクラ。

エゾノツガザクラとアオノツガザクラの雑種と言われています。

薄いピンク色と膨らんだツボ型の花と花の腺毛が特徴的です。

P7050090w.jpg

雪が吹溜まり安い南東斜面の草地にはエゾノハクサンイチゲが沢山咲いていました!

P7050091w.jpg

雪田(雪の多く吹溜まる場所)には、エゾコザクラとエゾノハクサンイチゲがコラボレーション。

P7050098w.jpg

富良野岳山頂からは、十勝岳方面や遠くには幌尻岳等が見えました。

最高の花旅となりました!

また遊びに行きましょう~
  1. 2017/07/09(日) 13:50:15|
  2. 登山、トレッキング記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ryutaf1

Author:ryutaf1
北海道の山名を下に入れて検索してみてください↓

検索フォーム

カテゴリ

スケジュール (20)
バックカントリー (133)
テレマークスキー (30)
北海道の夏山ガイド (19)
登山、トレッキング記録 (121)
自然 (14)
動画 (4)
道具 (20)
山の安全 (41)
マスメディア (28)
お問合せ (1)
未分類 (19)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示