精進してます!コヨーテ・ブログ

羊蹄山、ニセコ、北海道の山々を舞台にした自然を満喫していいます!

大雪山とホソバウルップソウ

7月8日9日と大雪山に行ってきました。

銀泉台から入り、白雲避難小屋で一泊し、銀泉台に戻る予定でした。

朝8時ころ銀泉台に到着。駐車場はもう満車に近かったです。

準備してさっそく出発。
P7080330.jpg



いきなり、雪渓が待ち構えてます。
P7080333.jpg

でも例年にないくらいの暑さのせいで、雪は柔らかく緩み、歩きやすかったです。

雪渓を渡り、登っていくとコマクサ平に到着。

P7080337.jpg

今日もたくさんのコマクサがお出迎え。
P7080340.jpg


ゆっくりとコマクサの美しさを楽しみながら進みました。

そしてまだ多くの残雪がある第4雪渓の急登を登り切り、赤岳到着です。

P7080344.jpg


赤岳から小泉岳に続く道は、雲上のお花畑。

今日も美しい花たちを眺めながらゆっくり歩きます。


P7080346.jpg
一面に咲き乱れる、エゾオヤマノエンドウ

P7080348.jpg
ところどころに群生する、チョウノスケソウ

P7080350.jpg
今回のツアーの名前にもなっている、ホソバウルップソウ
今、見頃です。

P7080353.jpg
小さなピンクがかわいらしい、ミネズオウ

小泉岳の分岐から白雲岳を目指します。

白雲岳への登りはがれ場あり雪渓ありのバリエーション豊かな道です。

移り変わる景色も楽しみながら登っていきます。

そして、いよいよ山頂。

P7080354.jpg

山頂からはゼブラ模様の山並みが美しいです。

ゆっくりお昼も食べて、景色を堪能しました。

そして白雲岳避難小屋に下山しました。天気もよく、テン場も30張ほどテントがありましたが、小屋はそうでもなさそうでした。

小屋について落ち着いたら、トムラウシや十勝岳の景色を楽しみながらの夕食。
献立は、前菜にアスパラとエリンギのバターしょうゆ炒め。メインに鶏鍋。デザートに夕張メロンゼリーです。

食後は太陽が落ちると寒くなり、体も冷えてくるので早めに就寝。

夜、トイレに起きると満月に照らされて、まるで昼間のような幻想的な風景でした。





翌日、朝ご飯を食べ出発準備を済ませると、緑岳に向けて出発。
予定では2日目は銀泉台に戻る予定でしたが、知り合いのガイドが高原温泉まで車を回してもらえることになりました。
思いがけず、銀泉台から高原温泉に抜ける縦走ツアーになりました。

緑岳の分岐でリュックをデポして小泉岳のほうに、花を探しに歩きます。

P7090392.jpg

今日も澄み渡る青空の下で、コマクサが咲いていました。

P7090366.jpg
エゾタカネスミレ

P7090393.jpg
今日もトムラウシ、十勝岳方面がきれいに見えています。


P7090367.jpg
北海道のみに咲く、キバナシオガマ


P7090394.jpg
トムラウシをバックにコマクサ

P7090396.jpg
ホソバウルップソウとコマクサとエゾタカネスミレの夢の競演です。


ゆっくり花を楽しんだ後、分岐までもどり、デポしたリュックを背負って緑岳に向かいました。

P7090398.jpg



高根が原のなだらかな斜面と雪渓の景色を楽しみながら、急な南斜面を下山。

P7090400.jpg


途中の雪渓は涼しそうと思いきや、風がなくて照り返しもきつく、灼熱でした。

雪渓を過ぎ、いよいよ森の中を下っていきます。

そして、硫黄の香りが漂いはじめると、下山完了。

P7090408.jpg

大雪高原山荘到着です。2日間の疲れを温泉でいやし、おいしいおそばをいただきました。

花も景色も最高な2日間、お疲れ様でした!

また、いきましょう。

スポンサーサイト
  1. 2017/07/16(日) 12:09:21|
  2. 北海道の夏山ガイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

羊蹄山登山にばっちりの登山靴でした! S-LAB X ALP CARBON 2 GTX

P7070140w.jpg

P7060133w.jpg

先日は、植生調査の為に羊蹄山に登ってきました。

山小屋に泊まって、最高の夕日を堪能できました!


靴はサロモンのS-LAB X ALP CARBON 2 GTXで行ってきました。

なんと言っても、履きやすく脱ぎやすい靴なので山小屋泊りには便利です。

またゲーターが付いたローカットシューズなので調査しながら足元を見ないで歩く様な時も、小石が靴に入って嫌~な感じにならずに済みます。 本当に気軽で安心。

ローカットですが、カーボンシャーシが入っているのでねじれ剛性は結構あります。

岩の上を歩いてもとても楽ちんです。

もちろんゴアテックスなので、多少の水溜まりならばお構いなしです。

一つだけ弱点は、長時間の雨の場合はゲーター部分から水分を引っ張ってしまい、靴下に染みる場合もあります。

それでも、手間がかからず案外しっかりとした靴なので、大体どこの山でも活躍してくれます。

お気に入りです!

古市竜太
  1. 2017/07/16(日) 11:23:00|
  2. 道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年夏山登山イベントプログラム 募集中です!

伊達紋別岳(715m)のユキワリコザクラとシラネアオイ ★★ 5月21日(日) 終了
 
芦別岳のツクモグサと坊主山 ★★★★ 6月3~4日(土、日) 終了
 悪天候の予報の為、カムイヌプリに変更し無事に終了しました。
 
チセヌプリ花街道 ★★ 6月10日(土) 終了  

硫黄山のシレトコスミレと藻琴山 ★★★★ 6月23日~25日(金~日) 終了
 
チセヌプリ花街道 第2段 ★★ 7月1日(土) 終了

羊蹄山と本場エゾノツガザクラ 小屋泊・携帯トイレ ★★★★ 7月1~2日(土、日) 終了

富良野岳&富良野西岳  ★★★★ 7月4日~5日(火、水) 終了

大雪山(赤岳、白雲岳、緑岳)とホソバウルップソウ テント泊  ★★★★ 7月8~9日(土、日) 終了


幌尻岳&トムラウシ山  ★★★★ 7月24~29日(火~土) 満席

ニセコアンヌプリ ★★ 7月29日(土満席   

羊蹄山小屋泊 ★★★★ 7月29~30日(土、日満席   

大雪山4日間 ★★★ 7月31日~8月3日(月~木満席   

タルマイソウと樽前山登山 ★★ 8月2日(水)空席あり
ガイド料金 8,000円
イワブクロ(別名タルマイソウ)は、樽前山にとても多い花です。別名の由来になっています。 活火山の樽前山には
火山性砂礫地のイワブクロ、エゾノマルバシモツケなどの花が見られると思います。

大平山のエーデルワイス・オオヒラウユキソウと狩場山のエゾカンゾウ大群落  ★★★★ 8月5~6日(土、日) 募集中  
 ガイド料金 21,000円   
 大平山(石灰岩質)にはエーデルワイスに最も近いオオヒラウスユキソウが咲きます。白い宝石のような花を是非見て下さい。

大雪山お鉢平周回、黒岳石室泊  ★★★ 8月5~7日(金~日)  残り数席  
 ガイド料金 25,000円+α
 天気が良ければ、天の川が見られるかも。 広大なお花畑も魅力です。

羊蹄山小屋泊 ★★★★ 8月9日~8月10日(水、木)空席あり
ガイド料金 22,000円

羊蹄山・日帰り ★★★★ 8月11日(土、日満席  

高層湿原神仙沼とチセヌプリ登山 ★★ 8月12日(土)空席あり
ガイド料金 8,000円
森林、高層湿原神仙沼、長沼、チセヌプリの尾根道や山頂等、変化に富んだ自然の中を歩きます。
 
ニセコアンヌプリ流星登山  ★★★ 8月12~13日(土、日) 募集中  
 ガイド料金 13,000円  
 ニセコアンヌプリに登り、山頂から日本海に沈む夕日や羊蹄山から上る朝日、夜はペルセウス座流星群を眺めましょう。登山
 初心者でも歓迎です。日々の騒音から離れ雄大な景色の中ですごしませんか?真夏でも気温が低いことがありますので防寒
 対策はしっかりと。

トムラウシ山 テント泊登山  ★★★★ 8月15日~16日(火~水) 募集中 
 ガイド料金24,000円+α
短縮コースから入り、南沼でテント泊します。
きれいなお花やかわいい動物たちにであえるかも??
もちろん登山後の温泉も楽しみです。

ニセコ連山縦走 温泉泊 ★★★★ 8月17~18日(木、金) 空席あり 
 ガイド料金21,000円+α
温泉宿に泊りながら、気持ちよくニセコ連峰を縦走します。今回は鏡沼~ニセコアンヌプリ~五色温泉。 五色温泉~イワオヌプ~大沼~大谷地~神仙沼高層湿原まで。

ニセコ軽登山  ★★ 8月19日(土) 満席

ニセコ軽登山  ★★ 8月29日(火) 空席あり  ガイド料金8,000円
五色温泉からイワオヌプリ~硫黄鉱山跡までピストンします。

道東の百名山巡り 羅臼岳・斜里岳・雌阿寒岳  ★★★★ 9月6~10日(水~日) 募集中  
 ガイド料金 45,000円
 運動と食欲の秋、道東ならではの美味しいご飯も頂きながら、道東の百名山を一気に登りましょう!斜里岳(1547m)雌阿寒岳
 (1499m)羅臼岳(1661m)

横山中岳・日高神威岳 神威山荘泊 ★★★★ 9月11~12日(月~火)  残り数席 
 ガイド料金 22,000円+α
今シーズンは、日高山系はなかなか行けません。 神威岳が楽しみです。

羊蹄山ご来光ツアー  ★★★★ 9月16~17日(土、日)  残り数席 
 ガイド料金 22,000円 
 羊蹄山の魅力は山頂部に詰まっています。 避難小屋に宿泊してご来光、星空、夕日を見てみたい。 どれかひとつでも見れる  とラッキーですね~

日本一早い大雪山も紅葉 お鉢平周回、石室泊  ★★★ 9月16~17日(土、日) 募集中   
 ガイド料金 22,000円
 ロープウエイとリフトを利用して日本一早い紅葉を満喫しましょう。大変寒いこと予想されますので、レインウエアー、ダウンジャ
 ケット、手袋、ニット帽子等防寒着を十分にお願いします。

紅葉のニセコ連峰縦走登山  ★★★ 10月8~9日(日、祝) 募集中  
 ガイド料金 19,000円 
 1日目は、錦色に輝く鏡沼からニセコ連峰の主峰ニセコアンヌプリに登り五色温泉に下ります。五色に変化すると言われる、五
 色温泉で汗を流し一泊。
 2日目はイワオヌプリから紅葉の大沼を抜けて大谷地湿原、神仙沼湿原を気持ちよく歩きます。
 
北限のブナ、黄葉の黒松内岳登山  ★★★ 10月22日(日) 募集中  
 ガイド料金 9,000円 
 ブナは「黒松内低地帯」が北限とされます。新緑が美しいと言われるブナですが、それに同じく黄葉も大変きれいです。739.8m
 と低標高ながら天気が良い日の山頂からの見晴は素晴らしいです。山頂直下にはロープ場もあり登りごたえ十分です。今シー
 ズンのトレッキングの締めくくりに!
  

上記イベントの他、通常メニューも随時受付中です。

1.オーダーメイド登山  1グループだけの完全プライベート、マイペース登山ができます。 
              ご家族や仲間だけでお好きな山に行きましょう。
2.ニセコトレッキング     ★ ガイド料 4,000円
3.ニセコ軽登山       ★★ ガイド料 8,000円
4.ニセコ登山        ★★★ ガイド料 9,000円
5.羊蹄山登山       ★★★★ ガイド料10,500円
6.羊蹄山ご来光ツアー  ★★★★ ガイド料22,000円 (夕食込み)

※ 上記の料金はガイド料金です。 旅費・宿泊費は含まれておりません。
  1. 2017/07/16(日) 11:21:13|
  2. スケジュール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お花を見るための登山(富良野西岳と富良野岳)

1日目は、あいにくの雨模様の中を富良野西岳に向かい進みます。

P7040025ハクサンチドリw

ハクサンチドリが登山道脇に多く見られます。

中に一株の真っ白いハクサンチドリが咲いていました。

P7040038オオタカネバラw

頂上直下には、オオタカネバラの大輪の花が咲いていました。

盛り上がります!

P7040039w.jpg

富良野西岳は夕張山地に属します。

夕張山地には、蛇紋岩とユウバリソウ等の固有種で有名な夕張岳等があります。

富良野西岳の山頂部には優白岩という塩基性の岩が露出しており、お花畑となっています。

エゾタカネニガナはミヤマハンモドキ等の特殊な植物も見ることが出来ました!

P7040043w.jpg


2日目は、天気に恵まれました!

花の名山として有名な富良野岳に登ります。

P7050069w.jpg

途中で見つけた、コエゾツガザクラ。

エゾノツガザクラとアオノツガザクラの雑種と言われています。

薄いピンク色と膨らんだツボ型の花と花の腺毛が特徴的です。

P7050090w.jpg

雪が吹溜まり安い南東斜面の草地にはエゾノハクサンイチゲが沢山咲いていました!

P7050091w.jpg

雪田(雪の多く吹溜まる場所)には、エゾコザクラとエゾノハクサンイチゲがコラボレーション。

P7050098w.jpg

富良野岳山頂からは、十勝岳方面や遠くには幌尻岳等が見えました。

最高の花旅となりました!

また遊びに行きましょう~
  1. 2017/07/09(日) 13:50:15|
  2. 登山、トレッキング記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チセヌプリ花街道第2弾

チセヌプリ花街道第2弾行ってまいりました。

今回がコヨーテ初参加者と一緒にパノラマラインからチセヌプリへ登り、神仙沼の方へ下山してきました。



P7010305.jpg

山頂ではあいにくの雲り空でしたが、たくさんの花たちが迎えてくれました。


P7010322.jpg
シラネアオイ

今日もまだあおいちゃんがお出迎えしてくれました。

P7010308.jpg
アカモノ

登山道脇にはアカモノも大勢です。


P7010313.jpg
エゾゼンテイカ

もう咲き始めました!


P7010318.jpg
フギレオオバキスミレ

雪融けの遅い場所にはまだ咲いていました。


P7010312.jpg
オオバタケシマラン

宇宙からやってきたタコウインナーの侵略者、今大勢います。

もっといっぱい咲いて居ましたが、ブログアップはこのくらいにしておきます。
まだまだ魅力いっぱいのニセコに、またのお越しをお待ちしております!

マウンテンガイド・コヨーテ
関 広平
  1. 2017/07/01(土) 18:13:57|
  2. 北海道の夏山ガイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ryutaf1

Author:ryutaf1
北海道の山名を下に入れて検索してみてください↓

検索フォーム

カテゴリ

スケジュール (20)
バックカントリー (133)
テレマークスキー (30)
北海道の夏山ガイド (17)
登山、トレッキング記録 (115)
自然 (14)
動画 (3)
道具 (20)
山の安全 (41)
マスメディア (27)
お問合せ (1)
未分類 (18)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示