精進してます!コヨーテ・ブログ

羊蹄山、ニセコ、北海道の山々を舞台にした自然を満喫していいます!

第24回講演会「雪崩から身を守るために」

庭のコマユミの葉が赤く染まってきました。

ただ、今年は台風の影響でオオイタドリの葉が黄色に染まらずに皆落ちてしまいました。

美しいオオイタドリの黄葉が見られず残念です。

自然界の色々なところで、台風の影響が出ている感じがします。

ASSH講演会2016(A4チラシ表)Dn


2016年10月15日に北海道大学にて、講演会「雪崩から身を守るために」(雪崩事故防止研究会)が行われます。

雪崩の発生メカニズムだけではなく、羊蹄山で昨シーズンあった雪崩事故でのビーコン不携帯者の捜索についての報告などもされます。

雪崩の下5mにもなるところから、どのようにしてビーコンのない方を探しだしたのか? 

とても重要なお話が聞けると思います。

また、北海道防災航空隊のエアレスキューの実演やヘリコプターが実際に北大の敷地に飛んできてレスキューされる様子やヘリコプターの中を実際に見ることが出来ます。

ヘリレスキューでのダウンウォッシュの体験もできるそうです。

どれだけ、ヘリの風圧が強いのか体験してみないとわかりません。

ぜひ、シーズン前の気持ちの切り替えの為に、また新しい事例の話を聞いて、来たるウィンターシーズンに備えたいもです。


ASSH講演会2016(A4チラシ裏)Dn


先日、大雪山黒岳で今時シーズン初めての降雪に見舞われ、気持ちが高ぶりました。

そろそろ我が家から羊蹄山の初冠雪も見られる時期も近づいています。

なんだか、早く冬支度をしないとな~なんて少し気持ちが焦らされる今日この頃です。

スポンサーサイト
  1. 2016/09/26(月) 11:03:06|
  2. 山の安全
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

命の焔

P9190097赤岳w

先日は、紅葉を期待して大雪山の黒岳と赤岳に登ってきました。

北海道を襲った4つの台風の影響で、林道があちらこちら崩壊してしまい大雪山系でも登れない山がまだまだあります。

そんな中、関係者の努力で銀泉台から赤岳方面、月22日からは緑岳方面が登れるようになりました。

ありがとうございます。

今シーズンは台風がたくさん来るなど、温暖化の影響を肌で感じることになりました。

紅葉が遅いと言われてきましたが、我々の登った9月18,19日の直前から急に秋らしくなり紅葉もだいぶ進み始めていました。


P9180075w.jpg

1日目の黒岳では何と降雪に見舞われました。

なんだかシーズン最初の雪はやっぱり気持ちが昂ります。

視界の中には、紅葉する山並み(秋)に降り始めた雪(冬)、そして雪渓や雪田の脇には咲遅れた春や夏の花、そして昨年の残雪と、四季を上回る五季を感じることが出来ました。

本当に大雪山の山は、あっという間に夏が過ぎていくのですね。


P9180063w.jpg

黒岳の石室では、ガイド仲間のまこっちゃんと合うことが出来ました。

彼に合えることを期待していたのですが、石室から出てきたまこっちゃんを見ると、なんだかそこに住むシマリスや熊に合えたような、何ともほっくりした気持ちになりました。

また、赤岳でもハマさんに合うことが出来ました。

赤岳の登山道を歩いている時に『ここをハマさんが直してくれたんだな~』なんて思いました。

北海道の山々に、仲間のガイドがいるという安心感を感じることが出来ました。


P9190112w.jpg
<雪渓が解け、やっと咲きだしたミヤマキンバイ>

ところで、赤岳の第三雪渓では青い空の下に赤や黄色の紅葉、その下側には春の花のチングルマやミヤマキンバイの花々を見ることが出来ました。

これらの花は雪の多く溜まるまる場所に生きている植物です。

雪が解けてから次の雪が降るまでの短い期間に子孫を残すため繁殖しなければなりません。

ある時は雪が解け顔を出したらもう晩秋だった、なんてこともあるのでしょう。

それでも、ぎりぎりまのところで頑張って生きています。

ちょっと日が入った瞬間に、どこからかマルハナバチが飛んできてチングルマの花粉を集めに来ました。

なんとか、受粉して実が熟して子孫を残せるといいですね。

私自身も「出来る限りの命を燃やせればよいな」とほのぼの感じました。


北海道の山々はミネカエデの葉が黄色く染まり、オガラバナは朱色に、ナナカマドは赤く染まっていきます。

これから紅葉本番を迎えます。

古市竜太




  1. 2016/09/22(木) 09:27:08|
  2. 登山、トレッキング記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋のシャクナゲ岳

本日はシャクナゲ岳とシャクナゲ沼に行ってきました。

少し雲が出ていましたが、時々太陽も顔を出し、気持ちのいい日でした。

おなじみの神仙沼駐車場を出発し、長沼へ。

長沼ではチセヌプリの山体崩壊の歴史を見ることが出来ます。
4万年前に崩れていたんですね。

そしてこの長沼は貯水池なんです。共和町の農家さんの重要な水源ですね。

1-P9180396.jpg


そして長沼をすぎ、いよいよ上り坂を登っていくと、チセヌプリ方面とシャクナゲ方面の分岐に出ます。

シャクナゲ方面に曲がり、少し行くといよいよシャクナゲ岳への道です。
ここからは200mほどですが、結構きつい登りになります。

今日はシルバーウィークということもあり、大勢の登山者がおのおのに登山を楽しんでいました。



2-P9180402.jpg
ニセコ連山をバックに




山頂で少し休憩した後、シャクナゲ沼に行きました。
シャクナゲ沼は花のきれいな時期は、エゾゼンテイカやヒオウギアヤメなどが咲きほこります。
今の時期は主役を欠いたものの、エゾオヤマリンドウがまだ残っている、静かなたたずまいでした。

3-P9180404.jpg



そしてこの時期の見どころといえば、これ。
普段はあまりふれたくない、この植物が主役です。
見事な紅葉でした。

4-P9180406.jpg
ツタウルシ

きれいだと言って、うっかり触れない様に気を付けてくださいね。
  1. 2016/09/18(日) 16:53:12|
  2. 登山、トレッキング記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

羊蹄山の旧小屋の解体は終盤です。

P9120014w.jpg

羊蹄山の旧小屋の解体作業は、だいぶ進んでいます。

あとは、基礎のコンクリートが数本残っているだけ。

資材を下すヘリコプターが飛べる、晴れた日が少ないので残りの日数が気になっているようでした。

初冠雪も近いですからね~ 頑張ってください!


ちなみに、ヘリコプターが近くで飛んでいる時は小屋には近寄れません。

また、小屋の窓も閉めなければならないので、皆さまお気を付けください。


旧小屋の跡地は、すべての人工物は撤去して更地に戻すそうです。

新小屋は、前の小屋の1/3の収容人数。

足を延ばして、寝れない日もあると聞いています。

また、ひどい混雑であきらめて下山する方も出て来ていたり、小屋泊を諦めて、ご来光の為に夜間登山する人も結構で増えているそうです。

羊蹄山の安全と自由が守られていない状況になっています。

最初の方針通り、早めに野営地して欲しいと願っています。

よろしくお願いします。

P9130045w.jpg
〈ハイオトギリがきれいに紅葉してきています〉

P9130047w.jpg
〈秋の色彩、イワオギキョウ〉

P9130039w.jpg
〈朝日が見られず残念でしたが、ハイマツの葉の裏の気孔がヘッドランプに照らされて満開に咲いて見えました!〉

P9130048w.jpg
〈一晩お世話になった、新小屋の前で〉

古市竜太
  1. 2016/09/15(木) 11:40:25|
  2. 登山、トレッキング記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏山登山イベントプログラム 募集中です!

プライベートニセコ軽登山 ★★  5月22日(日) 終了

富良野西岳のエゾオオケマン ★★★  5月29日(日) 終了

花の名山定山渓天狗岳 ★★★★ 6月11日(土) 終了

絶景の恵庭岳 ★★★ 6月12日(日) 終了

樽前山と風不死岳 ★★★ 6月19日(日) 終了 

春の徳舜瞥岳 ★★ 6月22日(水) 終了

樽前山と火山の植物 ★★★ 6月24日(金) 終了

羊蹄山と本場エゾノツガザクラ 小屋泊 ★★★★ 6月25,26日(土,日) 悪天中止

花の名山夕張岳 ★★★★ 6月28日(火)) 終了

羊蹄山倶知安コース ★★★★ 7月9日(土) 終了
 
利尻山とリシリヒナゲシ、花の浮島礼文島 ★★★★ 7月16,17日(土,日) 終了

眺望の山札幌岳 ★★★★ 7月23日(土)  終了
  
楽古岳とアポイ岳 ★★★★ 7月23、24日(土,日) 終了 
  
花の名山夕張岳 ★★★★ 7月31日(日) 終了 

大平山とエーデルワイスと道南最高峰・狩場山 ★★★★ 8月5、6日(金、土) 終了
 
羊蹄山倶知安コース ★★★★ 8月9日(火) 終了 

羊蹄山倶知安コース ★★★★ 8月10日(水) 終了
 
半日イワオヌプリトレッキング ★ 8月10日(水) 終了

ニセコ軽登山 大谷地~ニトヌプリ ★★ 8月10日(水) 終了
 
ニセコ登山 ★★★★ 8月19日(金) 終了

花畑もすごいぞ!トムラウシ山 ★★★★★ 8月18,19,20日(木金土) 終了

オノエリンドウと羊蹄山小屋泊 ★★★★ 8月22,23日(月、火) 終了

ニセコ登山 ★★★★ 8月31日(水) 終了

小さい秋みつけよう!羊蹄山小屋泊 ★★★★ 9月12,13日(月、火) 終了
 
大雪山黒岳の日本一早い紅葉と赤岳 ★★★ 9月18,19日(日、祝)終了 

暑寒別岳と黄金山 ★★★★ 9月22~24日(木、金、土)終了 

羊蹄山倶知安コース ★★★★ 9月25日(日) 終了

ホロホロ山・徳舜瞥山縦走と紅葉の三階の滝 ★★★ 10月9日(日)終了

上記イベントの他、通常メニューも随時受付中です。

1.オーダーメイド登山  1グループだけの完全プライベート、マイペース登山ができます。 
              ご家族や仲間だけでお好きな山に行きましょう。
2.ニセコトレッキング     ★ ガイド料 4,000円
3.ニセコ軽登山       ★★ ガイド料 8,000円
4.ニセコ登山        ★★★ ガイド料 9,000円
5.羊蹄山登山       ★★★★ ガイド料10,500円
6.羊蹄山ご来光ツアー  ★★★★ ガイド料22,000円 (夕食込み)

※ 上記の料金はガイド料金です。 旅費・宿泊費は含まれておりません。


  1. 2016/09/11(日) 11:49:10|
  2. スケジュール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ryutaf1

Author:ryutaf1
北海道の山名を下に入れて検索してみてください↓

検索フォーム

カテゴリ

スケジュール (20)
バックカントリー (133)
テレマークスキー (30)
北海道の夏山ガイド (15)
登山、トレッキング記録 (114)
自然 (14)
動画 (3)
道具 (19)
山の安全 (41)
マスメディア (27)
お問合せ (1)
未分類 (18)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示