FC2ブログ

精進してます!コヨーテ・ブログ

羊蹄山、ニセコ、北海道の山々を舞台にした自然を満喫していいます!

ニセコ羊蹄山岳会 秋のお楽しみ山行会&懇親会 盛況でした~


ニセコ羊蹄山岳会の秋のお楽しみ山行会と懇親会が行われました。

山行は洞爺湖の四十三山。

明治43年に噴火活動によって出来た山です。

大体100年間で砂礫の山にどの程度、植物が復活したか体験できる貴重な自然です。

74693212_2720339811378345_5.jpg
<四十三山 植物の遷移が体感できる貴重な山、4時間も満喫~>

PB050018w.jpg
<華やかな光の陰には、地道な努力が隠されていますね>

76697424_2720340508044942_1.jpg
<人によって、気づきのポイントは様々だね~>

会のみんなも自然に対する感性を磨いてきている人ばかりなので、知識も感受性の深さが増してきている様です。

色々な話題が出ますが、それに対する意見交換が年を追うごとに深まっています。

なんともいい感じのコミュニケーションが展開していました。

PB050039w.jpg
<あれっ こんなところにも>

夜は懇親会。

75561567_1712553012212703_2.jpg
<熱い!>

76730694_1712552952212709_5.jpg
<盛り上がります>

いい大人が20名も集まると、個性的な話しや深淵な話など重層的に展開されていきます。

非常に良い刺激となりました。

みなさん今後もよろしくお願いしま~す!

DSC_0531w.jpg
<懇親会明けの朝、羊蹄山はだいぶ白くなっていました。>
スポンサーサイト



  1. 2019/11/07(木) 10:57:43|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の山菜ツアー

春に引き続き山菜ツアー第2弾です。

本日は秋晴れの中、山ブドウ狩りに行ってまいりました。

PA131592.jpg


今年は夏の間、天気が安定しなかったせいか山ブドウは少なめでした。

それでも狙ったポイントにはありました。

PA131596.jpg

笹藪にも負けず、どんどん収穫していきます。

ビニール袋いっぱいになったところで収穫を終え、選別作業です。

一粒一粒、房からとり、傷んでいる粒を取り除きます。

そしてボールいっぱいになりました。

PA131597.jpg

このあとは軽く洗い、つぶしてジュースにするなり、砂糖と煮てジャムにすることができます。

来年はサルナシやキノコも狙いたいですね。

それでは良い秋を!

関 広平
  1. 2018/10/13(土) 16:37:35|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国内外来種コマクサの駆除事業

羊蹄山には、国内外来種になるコマクサがあります。

人が種子を撒いたことによって出て来た植物です。


羊蹄山は、地質学的には比較的新しい火山です。

高山植物の多くは氷河期の生き残りと考えられています。

羊蹄山にあ、万年単位で氷期や火山活動にをかいくぐって生き延びた植物たちが生きています。

その貴重な自然を出来るだけありのままに後世に引き継ぐのが、現代生きている我々の役割かと思います。

羊蹄山の個性を考えないで種子を播かれたコマクサ。

残念ながら駆除することになっています。

今年で8回目となる駆除作業に仲間達と参加してきました。

みなさま、大変お疲れさまでした。 

ありがとうございます!

024w.jpg

2018w.jpg

P7090057エゾシマリスw

P7090068集合写真w
  1. 2018/07/10(火) 15:44:35|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

羊蹄山の植生調査に行ってきました。

今日は、山の上は霧で結構涼しかったです。

月一度の羊蹄山の植生調査に行ってきました。

9号目以上の高山帯は、夏の花が真っ盛りでした。

花が少ない時期ですが、さすがは羊蹄山見事な花畑が広がっています!

P8040062w.jpg
<ミヤマアキノキリンソウの黄色とオニシモツケの白いに挟まれて、アマニュウの高い白花がアクセントになっていました。>

P8040064w.jpg
<チシマフウロのベッピンさん>

P8040078w.jpg
<広葉草原には色とりどりの花々が、、天の川のようです。>

P8040052w.jpg
<あ!マミジロ>

あまり見なれない鳥。 眉毛が白いのが特徴です。

P8040107w.jpg
<エゾシマリス>

いつもの子も顔を出してくれました!

P8040094w.jpg
<一瞬顔を出した、羊蹄山山頂>

まだまだ羊蹄山、自然がをしめます。

遊びにいらしてください!
  1. 2016/08/04(木) 17:01:54|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コマクサ駆除事業が無事に終了しました。

P7040138w.jpg

倶知安の博物館である風土館の第6回コマクサ駆除事業が無事に終了しました。
風土館からの依頼で、ニセコ羊蹄山岳会から8名えぞ富士自然保護の会から2名が参加しました。

羊蹄山にとってコマクサは国内外来種であり(登山者が撒いた種子に由来することが明らかになっています。)環境省、道有林管理センター、倶知安町教育委員会の検討会議でコマクサ駆除の方向性が決められております。

最終氷期を経て縄文時代の温暖な時代と火山活動にの困難な時代を生き延びた、羊蹄山の高山植物群落。
万年単位で今の羊蹄山の植生(山の個性)が成り立っています。

その特異な羊蹄山の個性をしっかりと子孫に受け継いでいく事。
とても大切な事だと感じています。

P7040161夕日w
〈羊蹄山からの見える夕暮れ時、ニセコアンヌプリのむこう日本海に沈む夕日〉

P7040143w.jpg
〈旧避難小屋の解体が始まっています。 テント場が出来れば、小さくなった新小屋の混雑も緩和されるでしょう!〉

P7040150キバナシャクナゲw
〈倶知安町の町の花、キバナシャクナゲ〉

P7050200w.jpg
〈山頂部の岩に張り付くイワウメ〉
  1. 2016/07/06(水) 11:34:28|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ryutaf1

Author:ryutaf1
北海道の山名を下に入れて検索してみてください↓

検索フォーム

カテゴリ

スケジュール (25)
バックカントリー (185)
テレマークスキー (30)
北海道の夏山ガイド (23)
登山、トレッキング記録 (144)
自然 (17)
動画 (5)
道具 (24)
山の安全 (51)
マスメディア (32)
お問合せ (1)
未分類 (32)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示