精進してます!コヨーテ・ブログ

羊蹄山、ニセコ、北海道の山々を舞台にした自然を満喫していいます!

羊蹄山英語ツアー

香港の方々と羊蹄山に登ってきました。

快晴の朝ヒラフ登山口からスタートし、山頂を目指します。

天気がよく暑い中、ぐんぐん登ります。

8合目から上はまだ残雪がありましたが、気温が高いので雪は柔らかくアイゼンなしで登れました。

P6060010a.jpg

ニセコ連山や倶知安の街並み、日本海もよく見え最高の景色です。

P6060009a.jpg

9合目をこえ、さらに残雪の上を歩きます。

そしていよいよ火口に到着。

お釜の内側はまだ多く雪が残り、火口には雪解け水で池ができていました。

P6060012a.jpg

山頂でゆっくりお昼休憩をとり、午後は景色を楽しみながら下山しました。

最高の羊蹄山登山でしたね。また行きましょう!

関 広平
スポンサーサイト
  1. 2018/06/22(金) 17:11:56|
  2. 登山、トレッキング記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018 グリーンシーズン・イベント 募集中です!

百名山シリーズ 

羊蹄山(日本百名山)のコメバツガザクラなど早春の花々  満席
体力目安 ★★★★ 6月6日(水) 

芦別岳(日本二百名山・北海道百名山)のツクモグサと富良野西岳  満席
体力目安 ★★★★ 6月16~17日(土,日) ガイド料金 29,000円 

羊蹄山(日本百名山)のシラネアオイやサンカヨウなど春の花々  空席あり
体力目安 ★★★★ 6月21日(水) ガイド料 11,000円

幌尻岳(日本百名山)新冠コース 山小屋泊 休日がらみ  空席あり
体力目安 ★★★★ 7月13日~16日(金~祝日)  ガイド料 45,000円

余市岳(花の百名山)と咲き乱れるエゾカンゾウ   募集中 
 体力目安 ★★★ 7月22日(日) ガイド料金 12,000円

幌尻岳(日本百名山)と十勝岳(日本百名山)  満席
 体力目安 ★★★★ 7月30日~8月4日(月~土) 

幌尻岳(日本百名山)新冠コース 山小屋泊 平日バージョン  残り数席
 体力目安 ★★★★ 7月31日~8月3日(火~金)  ガイド料 45,000円

斜里岳・羅臼岳・雌阿寒岳(日本百名山)  満席
 体力目安 ★★★★★ 8月6日~8月9日(火~金)

トムラウシ山(日本百名山)新道コース 南沼テント泊  空席あり
 体力目安 ★★★★ 8月17~19日(金~日) ガイド料 37,000円
 
大雪山(日本百名山) 黒岳~旭岳縦走登山  募集中 
 体力目安 ★★★★ 9月1~2日(土,日) ガイド料金 33,000円

OS燕岳(日本二百名山・新日本百名山) 小屋泊登山  空席あり 
 体力目安 ★★★ 9月23~24日(日、祝) ガイド料金 22,000円

紅葉の大千軒岳(花の百名山)と駒ケ岳  募集中
  体力目安 ★★★ 10月20~21日(土,日) ガイド料金 29,000円


ネイチャーシリーズ

優美なる花 シラネアオイ 尻別岳ネイチャートレッキング  満席
体力目安 ★★ 6月3日(日) ガイド料金 9,500円 

初夏の恵み 山菜ネイチャートレッキング  満席
 体力目安 ★★ 6月9日(土) ガイド料金 8,500円

羊蹄山の早春の花々コメバツガザクラやキバナシャクナゲ  満席
 体力目安 ★★★★ 6月11日(月) 
 
星空写真ネイチャートレッキング   募集中
 体力目安 ★★ 7月6日19:00~7日8:00(金,土) ガイド料 13,500円

ニセコ半日トレッキング 白樺山  満席
 体力目安 ★ 8月4日(水) 

感動!! ペルセウス流星群ネイチャートレッキング   募集中
 体力目安 ★★ 8月12日13:00~13日11:00(日,月) ガイド料 20,000円
 
絶景!! 大雪山赤岳 紅葉ネイチャートレッキング(テント泊)  募集中 
 体力目安 ★★★ 9月22~23日(土,日) ガイド料金 29,000円

秋の実り 山菜ネイチャートレッキング  募集中
 体力目安 ★★ 10月13日(土) ガイド料金8,500円
  1. 2018/06/21(木) 18:04:24|
  2. スケジュール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シーズン前の足慣らし

みなさん、いかがお過ごしですか?
夏山登山の準備は進んでいますか?

今回はシーズン前の足慣らしの意味も込めて、山菜トレッキングツアーを開催しました。
簡単な足慣らしとおまけに山菜まで採れる一石二鳥のツアーです。

もうこの時期は春の山菜らは時期が過ぎているため、初夏の山菜をターゲットに行ってまいりました。

朝、集合場所に集まると参加者はすでにトレッキングよりも山菜を採る気満々。
思ったよりも気温が低く、少し着こんでの出発。

狙ったポイントあたりには、ありました!

P6091195.jpg

もう一週間ほど早ければもっとよかったのですが、それでもいい太さのワラビがありました。

取り方を説明して、各自もくもくと山菜取りを楽しみます。

P6091193.jpg

1時間も採れば、リュックがかなり重くなります。
これでいいトレーニングになります。

さらにウドも採りつつ、トレッキングも楽しみます。


下りはタケノコ採りをメインに登山道を進みます。
北海道のタケノコは根曲がり竹(チシマザサ)です。あくが少なくそのまま焼いても煮てもおいしいです。

低気温のせいか思ったより少なかったですが、それでも少し採れました。

沢沿いにはフキもあり、少しバリエーションも増えます。

P6091203.jpg

リュックもかなり重くなってきたところで、ゴールイン。

気持ちよく歩き山菜をお土産に無事トレッキングツアー終了となりました。

次回は秋の山菜トレッキングツアーも予定していますので、是非参加してくださいねー。

関 広平
  1. 2018/06/11(月) 04:18:36|
  2. 北海道の夏山ガイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニセコ羊蹄山岳会 第4回清掃登山と総会楽しかったです!

P6040654w.jpg

第4回目となるニセコ羊蹄山岳会の清掃登山と総会が行われました。

今回はチセスキー場側からのコースでチセ山頂、そしてパノラマラインまで歩いてきました。

登山道の刈払いはあまり行われていないらしく、途中で下山してくる登山者の方にも会いました。

P6040645w.jpg

IMG_2486w.jpg

P6040674w.jpg

それでも、神仙沼側からの登山コースと合流する当たりから登山道もしっかりとしてきます。

フギレオオバキスミレの大群落が、いつも通りに迎えてくれました。

P6040682w.jpg

シラネアオイの花も見頃です。

P6040684w.jpg

残雪のニセコ連峰も素晴らしい景色です。

今シーズンは、東を向いた斜面に雪が厚く残っています。

P6040687w.jpg

山頂で記念撮影。

ニセコ連峰の連なり、そしてその奥には羊蹄山も見えました。

P6040692w.jpg

山頂付近のハイマツの下には、ヒメマイヅルソウがひっそりと。

P6040699w.jpg

今年も会えました。 フイリミヤマスミレ 美しい花姿です。

ありがとう!

P6040712w.jpg

P6040713w.jpg

残雪の上を気持ちよく歩いて、清掃登山は無事に終了です。

P6040723w.jpg

夜はオフグリッドハウス・グルグルさんにて、総会&懇親会。

活発に意見が出てくる会となりました~

夜は楽しく更けていきます。

P6040725w.jpg

ちなみに安全研修の『ダニ』については、延期となりましたので次回のお楽しみです。


無事に総会と清掃登山終了しました。

皆様、ありがとうございます。

グリーンシーズン、安全に楽しみましょう!

古市竜太
  1. 2018/06/05(火) 10:08:48|
  2. 山の安全
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほぼ今シーズンのスキーツアー終了です! 皆様ありがとうございます。

今シーズンの締めくくりの安足間岳BCガイドツアーが無事に終わりました~

一緒に滑ることの出来た皆さま本当にありがとうございます!

また、来シーズンも楽しみましょう。


今回のツアーは極悪の天気予報で、なかなか頭を使う難しいコンディションでしたが皆さんに楽しんでいただけたようです。

ほっとしました。

P5190142w.jpg

1日目に降った雪のおかげで二日目は、まさかの新雪コンディションとなりました!

皆さん、思い思いのシュプールを刻みます。

シーズン終わりの望外な褒美!

P5190262w.jpg

P5190304w.jpg

P5190308w.jpg

サンセットクルージングにも挑戦!

奇跡の晴れ間に恵まれました~

最高です! 感謝、感謝

P5190363w.jpg

みんなで食べる夕ご飯、おいしい料理と楽しい話。

幸せなひと時

高田君の料理おいしかった! ありがと~


明日は晴れ予報です。

早めに就寝。

P5190432w.jpg

風は冷たいけれども、天気に恵まれ山頂にも立てて、さらに満足!

P5200449w.jpg

P5200456w.jpg

P5200482w.jpg

P5200606w.jpg

P5190414w.jpg

シーズン最後のシュプールを大斜面と心に刻んで。

後ろ髪を引かれつつ終了。

ありがとうございました!
  1. 2018/05/22(火) 10:36:28|
  2. バックカントリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ryutaf1

Author:ryutaf1
北海道の山名を下に入れて検索してみてください↓

検索フォーム

カテゴリ

スケジュール (22)
バックカントリー (161)
テレマークスキー (30)
北海道の夏山ガイド (20)
登山、トレッキング記録 (123)
自然 (14)
動画 (5)
道具 (21)
山の安全 (46)
マスメディア (29)
お問合せ (1)
未分類 (23)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

RSSリンクの表示